ファイナンシャルプランナーとは?資格の魅力や専門分野について

ファイナンシャルプランナー(FP)は、多くの場合、「ファイナンシャルプランニング技能士」という名称で呼ばれる国家資格です。この資格を得ることで、人々の人生設計を「お金の面」で計画したり、助言したりすることが可能になります。また、キャリアアップや自分自身の将来設計にも役立てることができます。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、主に個人の顧客からの相談を受けて、その顧客の人生設計を、資金計画や資産形成などの面から考え、助言をするプロフェッショナルです。顧客が現在保有している資産、年金、相続などを総合的に分析して、顧客の人生設計に沿って的確なアドバイスをすることが求められます。多くの場合、ファイナンシャルプランナーは、国家資格である、1級から3級の「ファイナンシャルプランニング技能士」のことを指しますが、これらのほかにも民間が認定している「AFP」や「CFP」という資格もあります。ファイナンシャルプランナーの中には独立して企業や個人にアドバイスをしたり、公演したりして稼ぐ著名なプロフェッショナルもいますが、多くは一般企業に所属して働いています。金融や保険、不動産といった分野が主な活躍の場になりますが、近年は幅広く引き合いがあるため、将来の不安が少ない職種だといえるでしょう。

ファイナンシャルプランナー資格の魅力

ファイナンシャルプランナーという名称はよく知られていますが、「実際にどんな仕事をしているのか?」ということに関しては、意外に知られていないのが実情です。ファイナンシャルプランナーは、シンプルに訳すと「財務を計画する人」。お金のプロフェッショナルであることは間違いありませんが、もう少し詳しく言うと、「お金に関わる6分野について深い知識を持つプロフェッショナル」になります。これら6つの分野については後ほど詳しく解説するとして、ファイナンシャルプランナーの資格には、大きく分けて2つの魅力があるので、こちらをまずご紹介しましょう。

キャリアアップに役立てる

ファイナンシャルプランナーの資格を持つ人は、金融業界以外にもさまざまな分野で活躍しています。たとえば、土地や住宅を扱う「不動産業界」では、ファイナンシャルプランナーの知識が役立つ場面が多くあります。また、「会計事務所」や「税理士事務所」、「社会保険労務士事務所」など、士業の事務所にて、分野特化型で働くファイナンシャルプランナーも増えています。金融業界を含め、すでにこれらの業界で働いているのであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を取得することは大きなプラスになります。また、他の業界に転職するとしても、即戦力として重宝される可能性が高くなります。専門分野を極め、経験を積んでいけば、講演会などで全国を回る独立型のプロとして活躍することも夢ではありません。

自分の生活にも役立つ

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することは、キャリアアップだけではなく、自分自身の生活を向上させていくうえでも役立ちます。経済や税金のことなど、幅広く知識を身につけなければならないファイナンシャルプランナーは、人々のライフプランニングを手がけるだけではなく、自身の生活と紐付けしながら学び、自らの生活も向上させることができます。もちろん、「お金」を取り巻く環境は常に変化しています。世界市場の動向、法改正、世界情勢などに、常に敏感でいなければ、FPの仕事は勤まりません。資格を取得することは大切ですが、やはりFPになってからも常に知識を新しいものにしていくことは怠れません。キャリアアップや生活向上につなげるためには、FPになってからも努力を続けることが求められます。

ファイナンシャルプランナーの専門分野

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、お金に関わる6つの分野の専門家です。ここからは、ファイナンシャルプランナーの専門分野について、詳しくご説明しましょう。

ライフプランニング

ライフプランニングは、家計やライフプランにかかる費用に関わる、ファイナンシャルプランナーの専門分野です。人々の人生のプランを、結婚、住宅ローン、出産、教育、退職後のセカンドライフ、年金など、お金のことを考えてアドバイスしていきます。ライフプランニングにかかる費用については、多くの人にとって相談しづらいことは確かですが、そんな人たちをサポートするのが、ファイナンシャルプランナーの役割です。この分野をさらに極めるのであれば、「社会保険労務士」の資格も役立ちます。

金融資産運用

老後は年金だけでは暮らせない。多くの人たちが悩んでいることかもしれません。これからは貯金するだけではなく、お金を運用していくことが求められる世の中になるのは間違いないでしょう。ただ、こうした投資や資金運用には知識が欠かせません。こういった金融資産運用に関する助言を行うのも、ファイナンシャルプランナーの仕事です。この分野を極めるのであれば、「証券アナリスト」などの資格が役立ちます。

タックスプランニング

税金は、稼いだ分だけ支払わなければなりませんが、知識を持つことで節約することはできます。ファイナンシャルプランナーは、実は税金に関する仕事には、直接的に関与することはできません。しかし、税金に関する知識は持つ必要があります。ちなみに、税務に直接関わるためには「税理士」でなければならないので、税理士資格を持つファイナンシャルプランナーもいます。

不動産

アパートやマンションなどを購入し、1棟丸ごと、もしくは部屋単位で賃貸する不動産投資を行う人も増えています。しかし、知識がない人がいきなり不動産投資の世界に入ることはリスクでしかありません。空き室対策など、それなりのノウハウがあって初めて投資として成り立ちます。ファイナンシャルプランナーは、そんな不動産に関連する知識も持ち合わせています。不動産分野の知識を深めるなら、「不動産鑑定士」や「宅地建物取引士」の資格も役立ちます。

相続や事業の承継

相続や事業の引継は、人生において、そうそう経験することではありません。だからこそプロフェッショナルの存在が欠かせないのですが、その役割をこなしているのがファイナンシャルプランナーです。ただ、先ほどのタックスプランニング同様、ファイナンシャルプランナーは相続税に関する相談にのることはできても、税務そのものを行うことはできません。税務を行うためには税理士の資格を取る必要があります。

リスク管理

リスク管理は、主に保険に関わる分野です。顧客の置かれている現在の状況を分析し、今後、どのようなリスクに備える必要があるのかを判断し、適切な保険を選ぶアドバイスをします。リスク管理の分野に関わる資格としては、「保険募集人」が挙げられます。

ファイナンシャルプランナーの通信講座

ファイナンシャルプランナーを目指す方の多くが、実は忙しく働いている方々です。そんな忙しい方には、2級FP技能士の受験資格を得ることのできる、日本FP協会認定のファイナンシャルプランナー通信講座がおすすめです。

ファイナンシャルプランナーは、人々の人生設計を、主にお金の面からプランニングしてアドバイスするプロフェッショナルです。高齢化が進む日本社会において、今後ますます重要性が増していくであろうポジションであることに疑いの余地はありません。